突然のトラブル

Posted under by minnesotaskeptics.com on 水曜日 27 11月 2013 at 2:55 AM

雨の日は、体がとても冷えますよね。
しかも冬の雨の日はとても体が冷えます。そんな時は早く帰って、温かい湯船に飛び込みたくなりますよね。ところが、いつものようにお風呂にお湯をためようとすると、なぜかお湯が出ない・・・ということがあります。そろそろ寿命のような気もするけど、軽い故障であれば修理が可能なのではないかと思う方もいるでしょう。

ちなみに給湯器の寿命は、だいたい10年程度と言われています。それよりもっと早く故障する場合もありますし、10年を過ぎても故障もせずに使っている方もいるので、一概に何年で寿命だという風には言えないのが現状です。寿命かどうかを見分ける、わかりやすいポイントの一つとしては、故障があるかどうかですね。
簡単な操作で直るエラーもありますし、修理で直るケースもあります。給湯器を10年以上使用しており、なおかつ調子も悪くなってきた場合には、修理と交換を視野に入れておきましょう。

そのままにしておくと・・・

break

給湯器の故障をそのままにしておくと、後でもっと症状が悪化するかもしれません。リラックスできるはずの入浴タイムで、いきなり冷たい水が出てきたり、突然熱すぎるお湯が出てきたりしたら、せっかくのバスタイムが不快になってしまいますよね。お湯の温度が安定しない、異臭がする、異音がするなどの問題が見られたら、給湯器の耐久年数を確認し、修理の業者に頼むといいのではないでしょうか。

見積もりのために家にいられないという方でも、最近はネットで簡単に見積もりができますから、こういった方法なら忙しい方にもピッタリなのです。
また、ご主人様のいる時に見積もりに来てもらうことも可能なので相談してみてはいかがでしょう。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI


現在、コメントフォームは閉鎖中です。